ハットン - コーヒーブレイク - 【ニーズを形にする】開発型ベンチャー企業 エイブル株式会社 株式会社バイオット

【ニーズを形にする】開発型ベンチャー企業 エイブル株式会社 株式会社バイオット

English
TOPページ » コーヒーブレイク » » ハットン
製品ラインナップ

第54回 ハットン

ハットン (1726~1797)


過去の謎を解くためには現在ある事実を注意深く視察し、推測していく以外に方法はないだろう。地質学者ジェームズ・ハットンは岩石の観察をもとに、地球の年齢が無限に近いことを最初に明らかにした人物である。
 ハットンは大学で医学博士の学位を取得したものの、医者の道には道まず、先祖から受け継いだ農園の運営に没頭した。その間に彼は地質学への興味を膨らませていた。そして42歳の時、科学の研究に専念するためにハットンは農園生活にピリオドを打った。
 ハットンは野外での観察を好んでいた。ある日彼は、ある海岸にボートで上陸した。そこには岩石やガラス質の変成岩や変成岩が擦り減ったと思われる破片が散らばっていた。まさしくこれが「岩石の循環」と呼べるものであった。ハットンによれば、これらは「めまいのするような長い時間の経過」を物語るものであった。それで、当時かなりの権威を持っていた、地球の年齢は約6千年であるとの説を、ハットンはどうしても正しいとは思えなくなった。
 しかし「地球上の自然界は、昔も今も同じ自然の法則にしたがって動いている」というハットンの理論が世に広く認められるまでには、かなりの歳月を要した。そのころはまだ天変地異説が唱えられるほどであり、地球の年齢が約45億年であることが解ったのはハットンの死後150年を過ぎてからであった。